WE NEED PINK - 様々な顔をもつピンク -

ピンクといえば、

「ローズピンク」

「サーモンピンク」

「チェリーピンク」

「カーネーションピンク」など、

様々なピンクがあります。


ピンクは、誰もがよく知る色の名前ですが、

英語の「PINK」とは、ナデシコ科ナデシコ属の総称でもあります。

「ナデシコ」の花は、日本では万葉集にも登場する程、古くから親しまれている花で、

「ナデシコ」の花の色のような明るいピンクを「撫子(ナデシコ)色」といいます。

中国に由来する「石竹(セキチク)」を「カラ(唐)ナデシコ」というのに対し、

日本に自生する「カワラナデシコ」が「ヤマト(大和)ナデシコ」です。


「大和撫子(ヤマトナデシコ)」とは、

清楚で美しい女性を形容する言葉ですが、

繊細な糸のような明るいピンクの花びらが、可憐に凜と上を向いて咲く姿から、

昔の人々は、楚々とした女性の姿を思い描いたのでしょうか。


「立てば芍薬(シャクヤク)座れば牡丹(ボタン)歩く姿は百合(ユリ)の花」も、

美しい女性を形容することわざです。


シャクヤクとボタンは、いずれもボタン科で花姿もよく似ていますが、

シャクヤクはスラリと伸びる茎にドラマティックに花が咲き、

ほんのりバラのようなフローラルな香りがします。

一方のボタンは分枝した横向きの枝に花をつけ、

その美しさから着物や陶磁器、漆器などの文様にも多く描かれています。


シャクヤクにもボタンにも花色はいくつかありますが、

中でも紫みを帯びたあざやかなピンクが代表的。

美々しい芍薬の立ち姿や、優雅に座る牡丹からは、

大人の艶やかさが感じられます。


ピンクは色域の広い色です。

「撫子色」のように明るいピンクもあれば、

「牡丹色」のようなあざやかなピンクもあります。

「ベビーピンク」は赤ちゃんのお洋服の定番カラーでもあるように、

とても柔らかで繊細な印象のピンクです。

「ストロベリーピンク」からは甘酸っぱさや可愛らしさを感じます。

南国に咲く「ブーゲンビリア」の花のようなトロピカルなピンクは、

見ているだけで心踊るようです。


色から幸福感や愛を感じる人が多いのも、ピンクという色の特徴。

やさしさ、繊細さ、やわらかさ、かわいらしさ、

女性らしさ、華やかさ、エレガントさ、あでやかさ…、

様々な顔をもつピンクは、いつも私たちを元気にしてくれる色ですね。


色で誰かをHAPPYに!

あなたにとって必要な色 "I NEED COLOR" は何ですか?

Instagramに素敵な色の写真を投稿し、みんなをHAPPYに!

“I NEED COLORS” 投稿方法詳細

WE NEED COLORS コンセプト

SIKISAI SEIKATSU|色彩生活オウンドメディア|色彩生活コーポレーション株式会社

色彩生活オウンドメディアへようこそ。色彩(カラー)は、企業や製品・サービスに新たな「価値」をもたらします。私たちは、色彩(カラー)をキーとしたコンサルティング(ブランド・マーケティング・デザインの戦略と開発)から、その実務スキルを展開したレクチャー(セミナー講演・大学・一般)まで、様々なモノ・コトを高付加価値化する最適な色彩(カラー)を、トータルでご提供するリーディングカンパニーです。